歯科

歯医者が抜歯したがる理由と新たな治療法

歯医者に治療に行った際に、かなり進行してしまった虫歯を抜いた経験はありませんか?もちろん歯の状態によっては抜かなければどうしようもない状態の歯も存在します。ですが、むやみやたらに「抜きましょう」と抜歯を勧めてくる歯医者には要注意なのです。実は歯医者治療において、抜歯をした際の保険点数は、抜歯せずに治療したものよりも高いのです。さらに歯の治療を行う際に抜歯を行う治療に比べ、歯を残して治療を行う方法は手間と時間がかかってしまいかねないのです。
抜歯を行う歯医者が全て金目当てだとは言いませんが、すぐに歯を抜きたがる歯医者は診療報酬目当てだと行っても過言ではないでしょう。実は昨今では歯を残す治療法がどんどんと主流になってきています。例えば奥深くまで虫歯が進行していても、歯冠延長術と呼ばれる「クラウンレングスニング」という治療法があります。これは歯が見えない程虫歯の進行によってボロボロになってしまった歯に対して、その周囲の歯茎を切り開いて少し下げ、健康な歯根を出すという施術方法です。
このおかげでその上に被せものをして歯の機能を取り戻すことが出来るのです。このように歯はむやみやたらに抜くのが治療ではありません。もしもすぐに歯を抜きましょうと言われたら、別の歯医者にセカンドオピニオンをする選択をとることをおすすめします。