歯科

歯石は定期的に除去しよう

歯石は虫歯の原因の一つです。これが歯の表面に付着したまま長期間放置されると、そこから虫歯の浸食が始まってしまうのです。だからこそ歯石はきっちり取り除かなければなりません。
歯石が作り出されるにはまず歯磨きで取り除けなかった歯垢の存在があります。垢という字が示すがごとく歯垢は粘り気のあるものですが、これが後に歯石に姿を変えるのです。石のごとく堅いので通常の歯磨きで落としきるのは難しくなってしまいます。つまり一旦歯石が出来てしまうと日々のセルフケアで歯の健康を保つのが追い付かなくなる事を意味します。2日もあれば歯石は出来ると言われるので、いかに歯石が歯にとって脅威なのかがお分かりいただけるかと思います。
そこで歯医者による歯石除去が必要になるというわけですね。どんなに歯磨きに熱心な人であっても、セルフケアだけで歯に付着した汚れを完全に取り除くのは不可能です。細かいところに目を向ければ必ず歯ブラシが届かない個所があるのが普通なのです。そういう部分は歯医者による歯石除去で綺麗にしてもらいましょう。スケーラーと呼ばれる専門の器具で歯と歯の間や歯茎との境目などについた歯石をことごとく落としきってくれるからです。目安としては最低でも半年に1回は歯石除去を受けるのが良いでしょう。